×

男子200平泳ぎ準決勝 武良竜也が決勝進出 日本記録保持者・佐藤翔馬は進出ならず

[ 2021年7月28日 10:45 ]

東京五輪6日目 競泳男子200メートル平泳ぎ準決勝 ( 2021年7月28日    東京アクアティクスセンター )

男子200メートル平泳ぎ準決勝 力泳する武良竜也
Photo By 共同

 男子200メートル平泳ぎ準決勝1組で武良竜也(25=ミキハウス)が2分08秒27で3位。全体6位で決勝進出を決めた。準決勝2組では日本記録保持者の佐藤翔馬(20=東京SC)が出場も、2分09秒04の6位で進出はならなかった。

 武良は準々決勝で2分9秒00をマークし、全体8位で通過。100メートルでは準決勝敗退となり「ちょっとタイムを落としてしまったところが、やっぱりまだまだだなという風に思うので、でもここであとはどういう風にまた仕上げていったら良いのかを200に繋げていけると思うので、そこは前向きに考えていきたいと思います。調子は良いと思うので、しっかり200メートルでメダルを獲得できるように臨んでいきたいと思います」と200メートルでのメダル獲りを誓っていた。

 佐藤は準々決勝では2分9秒43の全体11位で準決勝に進出した。想定していた2分8秒台に届かず「(6月の)ジャパン・オープンぐらいから泳ぎの感覚が良くない。準決勝はしっかりタイムを上げたい」と巻き返しを誓っていた。24日の100メートル平泳ぎ予選は右目が腫れて、片目がほぼ見えない状態で泳ぎ敗退。原因不明だが、26日に症状は治まっていた。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年7月28日のニュース