平手打ちコーチに厳重注意 国際柔道連盟

[ 2021年7月28日 18:58 ]

 国際柔道連盟(IJF)は28日、大会中に乱暴な振る舞いがあったとして、ドイツ代表のコーチに対し厳重注意を与えたと発表した。27日に行われた女子63キロ級で同国代表選手が試合に臨む前に、コーチが両頬を平手打ちして送り出す様子に批判の声が出ていた。

 IJFは「柔道は教育的なスポーツであり、このような行動は容認できない」と声明を出した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年7月28日のニュース