萩野 余力残し4位で決勝進出も…「奇数順位で通過したかった」

[ 2016年8月12日 05:30 ]

決勝に進出した萩野公介

リオデジャネイロ五輪競泳・男子200m個人メドレー準決勝

(8月10日 五輪水泳競技場)
 男子200メートル個人メドレーで悠々と準決勝を通過した萩野は「こんなものかな。だいぶ余力を残した」と涼しい顔。待ちわびてきた米国の2強、フェルプス、ロクテとの対決へ舞台は整った。

 少し残念だったのは、全体4位で「奇数順位で通過したかった」との希望通りにいかなかったこと。決勝で泳ぐコースは準決勝の順位で決まる。自由形で右向きに息継ぎをする萩野は、奇数順位ならラスト50メートルで4コースのフェルプス、5コースのロクテをラスト50メートルで、視界に入れて泳げるはずだったが、6コースとなった。今大会2つ目の金メダルに向けて「競り負けないように頑張りたい」と闘志を燃やしていた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2016年8月12日のニュース