香生子 不調抜け出せず準決勝敗退「いいところなかった」

[ 2016年8月12日 05:30 ]

目を腫らして引き揚げる渡部香生子

リオデジャネイロ五輪競泳・女子200m平泳ぎ準決勝

(8月10日 五輪水泳競技場)
 女子200メートル平泳ぎで、19歳の渡部は不調から抜け出せずに準決勝で姿を消し、2度目の五輪を終えた。

 みるみる脱落して全体で13位。優勝した昨年の世界選手権とは別人のようなレースで「いいところなく終わってしまった」と目を赤く腫らした。世界女王になった後、重圧やモチベーションの低下で練習に身が入らなくなった。また五輪で泳ぎたいかと問われると「今すぐイエスとは言えない」と小声で答えた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2016年8月12日のニュース