入江 7位で決勝進出も不安…「厳しい争いになる」

[ 2016年8月12日 05:30 ]

200m背泳ぎ予選を突破した入江

リオデジャネイロ五輪競泳・男子200m背泳ぎ準決勝

(8月10日 五輪水泳競技場)
 男子200メートル背泳ぎで、前回ロンドン五輪銀メダルの入江は準決勝を7位で際どく突破。得意の後半の伸びがなく、決勝へ不安を残すレースとなった。

 ライバルたちの多くが今季、1分53~54秒台を既にマークしているのに対し、入江はシーズンのベスト記録が1分55秒89。決勝を「厳しい争いになると感じている」と覚悟し「周りを意識せず、しっかり出し切りたい。前半なるべく離されずについていって、後半持ち味を出すだけ」と淡々と語った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2016年8月12日のニュース