15歳酒井夏海、準決勝進出ならず 200M背泳ぎ

[ 2016年8月12日 02:50 ]

競泳日本代表の酒井夏海

リオデジャネイロ五輪競泳・女子200メートル背泳ぎ

(8月11日 五輪水泳競技場)
 女子200メートル背泳ぎの予選が行われ、今大会の競泳日本最年少15歳で中学3年の酒井夏海(スウィン南越谷)が出場。

 2分13秒99の全体26位で予選落ち。100メートルに続き準決勝進出はならなかった。

 レース後に「前半からしっかり飛ばしていこうと思いましたが、思ったより身体が動かなかったです」と振り返った。12日のメドレーリレーでは第1泳者で出場予定。「悔しい思いをぶつけたいです」とコメントした。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2016年8月12日のニュース