梅木 まさかの初戦敗退 膝の故障で涙「自分の実力不足」

[ 2016年8月12日 05:30 ]

初戦敗退に涙する梅木

リオデジャネイロ五輪第7日柔道

(8月11日)
 昨年の世界選手権で初出場初優勝を飾った女子78キロ級の梅木真美(21=環太平洋大4年)だが、初戦で有効2つを奪われ姿を消した。

 五輪代表決定後の5月中旬に左膝を負傷。本格的な練習から遠ざかり、ぶっつけ本番を余儀なくされた。「ケガは順調に治ってきた。とにかく前に出る柔道で金メダルを狙う」と意気込んでいたが、生命線である稽古量が落ちたことで、本来の前に出る柔道は見られず。「自分の実力不足だと思います」と涙が止まらなかった。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2016年8月12日のニュース