日本女子バスケ 金候補・豪州から金星逃すも 5大会ぶり決勝Tへ

[ 2016年8月12日 07:16 ]

オーストラリア選手と競り合う本川(AP)

リオデジャネイロ五輪バスケットボール女子

(8月11日)
 1次リーグが行われ、世界ランキング16位の日本は同2位のオーストラリアと対戦。金メダル候補の強豪を相手に善戦したものの86-92で競り負けた。 

 日本の試合の直前に行われたブラジルがフランスに敗れたため、ここまで2勝1敗だった日本は1996年のアトランタ大会以来5大会ぶりの決勝トーナメント進出を決めていた。

 試合は前半を50-48とリードして折り返すなど、一時は16点をリードする展開。それでも地力に勝る相手に第4Qに逆転を許すと、そのまま押し切られた。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2016年8月12日のニュース