日本 米国に大敗し最下位も「気持ちを切らさずにやる」

[ 2016年8月12日 05:30 ]

米国に大敗し、座り込む小野(右から2人目)ら日本(共同)

 日本は米国に1―6で大敗して1分け2敗となり、勝ち点1でB組の最下位。

 開始直後に失点し、第3Qまでに4点をリードされた。第4Qに1点を返したが、その後も加点されて2連敗。シュート数は日本の9に対し、米国は2倍以上の19と圧倒された。中川主将は「立ち上がりに失点したことが大差の要因。結果は受け止めるが、引きずっても駄目」。永井監督も「下を向いても仕方がない。気持ちを切らさずにやる」と話した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2016年8月12日のニュース