金藤「ここまで待たせてすみません」

[ 2016年8月12日 22:16 ]

金メダルを手に笑顔の金藤
Photo By スポニチ

 金メダルを獲得した金藤は、穏やかな表情で喜びを語った。

 ―タッチして優勝を確認して何を思ったか。

 「信じられなかった。タイム自体も平凡。こんなタイムで優勝していいのかな、自分のタイムと順位を見て本当に1番なのかなと思った」

 ―好タイムではなかった。

 「準決勝の時に(キックの)足のかかりが悪かった。もう少し足のかかるレースが準決勝でできたら、決勝は違う(もっといい記録の)結果になった」

 ―世界大会で初メダルが金メダル。

 「うれしいという気持ちと、ここまで待たせてしまってすいませんという気持ちがある」

 ―2位のエフィモワはロシアのドーピング問題の渦中にあり、不出場の可能性もあった。

 「出場するということは、今はクリーンな状態だと思う。正々堂々と勝負できたと思っている」

 ―4月に今季世界最高となる2分19秒65の日本記録を出したことが重圧になったか。

 「プレッシャーにならなかったと言ったら、うそになるが、全員が期待されるわけではない。期待されるような選手になれたと思ってやってきた」

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2016年8月12日のニュース