古川が準々決勝進出 アーチェリー男子個人

[ 2016年8月12日 22:42 ]

リオデジャネイロ五輪第8日

(8月12日)
 アーチェリーの男子個人3回戦で、古川高晴(近大職)がリエバナ・ロドリゲス(スペイン)を7―3で下し、準々決勝に進出した。

 ▼古川高晴の話 満足のいくショットが2、3本しかなかった。もう少し、満足のいく撃ち方をしたい。相手と点数を競う競技だけど、自分と的との勝負だと思ってやりたい。雨は問題なくできた。(共同)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2016年8月12日のニュース