32年ぶり出場の水球男子日本 4連敗で1次リーグ敗退

[ 2016年8月12日 23:11 ]

リオデジャネイロ五輪第8日・水球

 男子の1次リーグが行われ、1984年ロサンゼルス大会以来32年ぶりに出場したA組の日本は7―17でハンガリーに敗れた。4連敗で、1試合を残して1次リーグ敗退が決まった。

 ▼大本洋嗣監督の話 個々のパワーの差があり、じりじりと点差を広げられた。ハンガリーとはよく練習もしているので対策を練られていた。(最終戦の)セルビアは強いが、最後の1秒までしっかり戦いたい。

 ▼棚村克行の話 点数ほどの力の差は感じないが、実際に点差が開いてしまっているので(世界の)壁は高い。個人のミスが多かった。最後の1戦もしっかり戦いたい。

 ▼志水祐介の話 やりたいことを全て防がれた。個人個人の力の差を感じた。完敗です。(最後のセルビア戦は)このメンバーで戦う最後の試合になるかもしれないので、自分たちのプレーを貫きたい。(共同)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2016年8月12日のニュース