加藤 鉄棒落下11位「悔しいし、寂しい。伸び悩んでいる」

[ 2016年8月12日 05:30 ]

メダリスト一夜明け会見を行った(左から)山室光史、加藤凌平、内村航平、白井健三、田中佑典
Photo By スポニチ

リオデジャネイロ五輪体操・個人総合決勝

(8月10日 リオ五輪アリーナ)
 22歳の加藤は最終種目の鉄棒で落下し、88・590点で11位に終わった。

 美しい演技で前半はメダル圏内につけたが、最後に痛恨のミス。6人が90点を超えるハイレベルな争いに割って入れず、「悔しいし、寂しい。改めて伸び悩んでいるなって自覚が生まれた」と振り返った。14年の世界選手権では銀メダルを獲得したが、内村、同い年のベルニャエフに圧倒的な実力差を見せつけられた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2016年8月12日のニュース