リトアニア、アルゼンチンとの無敗対決制し3戦全勝

[ 2016年8月12日 16:29 ]

チーム最多の23得点をマークしたミンダウガス・クズミンスカス(AP)

リオデジャネイロ五輪バスケットボール男子

(8月11日)
 リオデジャネイロ五輪のバスケットボール男子は11日に予選B組の3試合を行い、リトアニアは81―73(前半30―27)でアルゼンチンを下して3戦全勝。今季スペイン・リーグからNBAニックスに入団したフォワードのミンダウガス・クズミンスカス(26)が、チーム最多の23得点をマークして勝利に貢献した。アルゼンチンはスパーズのマヌー・ジノビリ(38)が22得点を挙げたものの苦杯。3戦目で初黒星を喫した。

 スペインはスパーズのパウ・ガソル(36)が24得点、ティンバーウルブスのリッキー・ルビオ(25)が15得点をマークするなどNBA勢が活躍。96―87(前半43―41)でナイジェリアを下して1勝2敗とし、決勝トーナメント進出に望みをつないだ。ナイジェリアは3戦全敗。五輪前の最終予選から勝ち上がってきたクロアチアは80―76(前半41―31)で開催国ブラジルに競り勝って2勝1敗。ブラジルは1勝2敗となった。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2016年8月12日のニュース