塩浦、日本勢初の準決勝進出 50M自由形「泳ぎの感覚よかった」

[ 2016年8月12日 01:23 ]

競泳男子代表の塩浦慎理

リオデジャネイロ五輪競泳・男子50メートル自由形

(8月11日 五輪水泳競技場)
 世界のスピード自慢が競う男子50メートル自由形の予選が行われ、塩浦慎理(24=イトマン東進)と中村克(22=イトマン東進)が出場。塩浦が全体14位タイで日本勢初の準決勝進出を決めた。中村は予選敗退となった。

 日本記録保持者の塩浦は22秒01、中村は22秒13だった。予選のタイム上位16人が準決勝へ進む。

 塩浦はレース後に「タイムは上々という感じ。泳ぎの感覚もよかった」と振り返った。100メートル自由形は予選落ち。「100メートルをメーンでやってきたので、もう一回なんとしても意地を見せたいなと思って調整してきた」とコメントした。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2016年8月12日のニュース