内村、床でもメダル意欲「気持ちは全然切れていない。諦めていない」

[ 2016年8月12日 05:30 ]

リオデジャネイロ五輪体操

 個人総合から一夜明けた11日、リオデジャネイロ市内のジャパンハウスで会見した内村は、種目別の床運動(14日)に出場の意欲を示した。

 最終種目の鉄棒の演技中に腰を痛めたものの、「気持ちは全然切れていないし、メダルのチャンスがある。出られる状態であれば出たいと思っている。自分の中では諦めていない」と話した。前日の床運動は全体トップの15.766点をマーク。世界王者・白井とのW表彰台を狙う。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2016年8月12日のニュース