2戦2勝のタカマツ 空調の「風が思った以上にあって難しかった」

[ 2016年8月12日 23:00 ]

 女子ダブルスの高橋、松友組はタイのエースペアにストレート勝ちし、2戦2勝とした。長身184センチのプッティタが繰り出す強烈なスマッシュに手を焼いたが、松友は「ガンガン来られてやられるのは、ある程度仕方ない。その中で引かずに相手の嫌なようにできた」と軽快な球さばきで上回った。

 この日は決勝まで使用されるセンターコートに初めて入った。高橋は「(空調による)風が思った以上にあって難しかった。これから入ることが多くなるので、ここでやれて良かった」と先の戦いを見据えた。(共同)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2016年8月12日のニュース