錦織、準々決勝はモンフィスと対戦 過去2勝0敗 

[ 2016年8月12日 05:31 ]

男子シングルス3回戦でストレート勝ちし、ガッツポーズの錦織圭。2大会連続でベスト8進出を決めた

リオデジャネイロ五輪第7日・テニス

(8月11日 五輪テニスセンター)
 男子シングルス3回戦が行われ、第4シードで世界ランキング7位の錦織圭(26=日清食品)は同121位のアンドレイ・マルティン(26=スロバキア)と対戦、6―2、6―2でストレート勝ちし、2大会連続のベスト8入りを果たした。準々決勝では世界11位のガエル・モンフィス(29=フランス)と対戦する。

 錦織とモンフィスの過去の対戦成績は2勝0敗。今年4月のマイアミ・オープン準々決勝で対戦し、4―6、6―3、7―6で逆転勝ちしている。

 モンフィスは3回戦で世界14位のマリン・チリッチ(27=クロアチア)を6―7、6―3、6―4で下し、準々決勝に進出した。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2016年8月12日のニュース