小関、無念5位 150Mまでトップも…「体が動かなくなった」

[ 2016年8月12日 05:30 ]

5位に終わった小関

リオデジャネイロ五輪競泳・男子200m平泳ぎ決勝

(8月10日 五輪水泳競技場)
 男子200メートル平泳ぎで、ポスト北島康介と期待された小関は、課題としてきた精神面のもろさが出た。決勝で終盤に失速して5位。

 「本当に結果が残せなくて悔しい」と嘆いた。150メートルまでトップをキープしたが「ラスト15メートルぐらいで体が思うように動かなくなってしまった」と猛然と追い上げてきたライバルたちに抵抗できなかった。日本の男子平泳ぎは北島らが2004年アテネ五輪から表彰台に立ち続けてきたが、その流れがリオデジャネイロで途切れた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2016年8月12日のニュース