旅・グルメ・健康

【私の山歩き】朝の看板キャスター中田有紀 ホッとする…土のにおい

[ 2015年9月25日 05:30 ]

お気に入りの鎌倉・大平山。自然と緑のにおいを気軽に楽しめるのでオススメ
Photo By スポニチ

 日本テレビ「Oha!4 NEWS LIVE」でキャスターを務めるフリーアナウンサー、中田有紀(42)は約6年前から山歩きに興味を持った。「土のにおいが大好き。ホッとしたい時に行きます」とリフレッシュするために山へ向かう。自然の香りが、朝の看板キャスターの原動力になっていた。

 私も山に登ってみようと思ったのは、09年ごろ。「山ガール」が流行した時のことです。

 初めは東京・青梅の御岳山(標高929メートル)に行きました。体力には自信があったんですけど、登ってみたら、お尻が痛くなったり、足の裏やふくらはぎが痛くなったりしました。ヒールを履いていることが多いので、スニーカーで踏ん張ったりすると、普段は使わない筋肉を使うんでしょうね。体は痛いけど、バランスの良い適度な疲れが良いなと思いました。

 そして、何より気に入ったのが、土の香りや緑のにおい。都会を離れてホッとしたい時に山に向かいます。

 一番思い入れがあるのは、12年春に登った神奈川・丹沢山地の塔ノ岳(標高1491メートル)。急勾配の上りが多くて、しかも、階段の幅や高さが自分に合わない所が歩きにくい。登山経験のある友人から「きついよ」と言われていました。疲れ切った時に、チョコレートを口にして乗り切ったりして、本当にきつかったけど、頂上での景色が素晴らしかった。まさに、パノラマ。新緑が驚くほどきれいでした。それまでの疲れが一気に吹き飛びましたね。

 いろいろな植物が楽しめる奥羽山脈の八幡平(標高1614メートル)など、1000~1500メートルぐらいの山に登ることが多いですが、神奈川・鎌倉の大平山(159メートル)のハイキングも好き。都心から1時間ちょっとの距離で、眼下に広がる緑の景色、自然のにおいを十分楽しめる。気軽に行けるのでオススメです。

 いつか登ってみたいのは、実は行ったことがない富士山。やっぱり日本一の山なので登ってみたい。ただ、ご来光も見たいなと思うと、スケジュールを十分に考えないといけないですけどね。

 山に行けない日が続くと、ウチの猫のにおいを嗅いでいます。なぜか、山のにおいがするんです。土や木に似た香りです。ウチの猫だけですかね?寝る前にくっついてにおいをかいだりしているので、うっとうしがられているんです(笑い)。

 ここ数年、朝顔を育てたり、盆栽を趣味にしたりしています。年々、そっち(土いじり好き)に寄っていっているなって思います。大好きな自然のにおいと達成感を味わいにこれからも登り続けます。  

 ≪なんでも挑戦≫中田は登山のほかにバイク、乗馬、盆栽など多趣味なことでも知られる。「最近は陶芸にもハマっています。“広く浅く”で申し訳ないんですけど」と笑う。「声を掛けられたら、断らずにやってみようと思っていて、それをポリシーにしているんです」と話す。これからも新たな挑戦をしていくつもりだ。

 ◆中田 有紀(なかだ・あき)1973年(昭48)5月8日、東京都生まれの42歳。日大芸術学部放送学科卒。青森放送のアナウンサーを経て、01年にフリーアナウンサーへ転身。06年から日本テレビ「Oha!4 NEWS LIVE」のキャスターを務める。1メートル63。血液型O。

続きを表示

バックナンバー

もっと見る