旅・グルメ・健康

【生島ヒロシ オヤジの処方箋】「加藤」が「佐藤」?「うし」が「いし」?…放置は認知症の危険も

[ 2019年11月9日 12:00 ]

生島ヒロシ
Photo By スポニチ

 芸能界一、健康に詳しいアナウンサー生島ヒロシ(68)が、シニアに向けて元気に生きる方法を指南する連載「誰も教えてくれなかった“老いるショック”脱出術 オヤジの処方箋」。今回は「加齢性難聴」です。年を取れば誰でも耳は聞こえづらくなるもの。でも諦めて放置しているのは危険。「加齢性難聴は認知症につながる要素が高い」という研究結果が出ているのです。

 《早い人で30代後半から》皆さん、こんにちは。生島ヒロシです。随分涼しくなって、すっかり秋。道端からは虫の声がジージー。耳を傾けてしまいますよね。今日はそんな「耳」のお話。加齢性難聴です。

 最近、スマホの着信音や電子レンジのチンが聞こえにくいな、なんて思ったことありませんか?話し声が大きくなったとか、聞き間違いが多いとかは?「加藤」と「佐藤」や、「うし」か「いし」かどちらか分からないことは?これらは加齢性難聴のサインです。

 私はラジオの生放送中はイヤホンを着けてるんですが、以前と比べるとボリュームが上がってきている気がします。会話を聞き直すことも増えましたね。特に早口で話されると聞き取りづらくなりました。気持ちは若い気でいても、体は正直です。

 加齢性難聴の原因は名前の通り「加齢」です。昔、石原慎太郎さんに「老いを感じることはありますか?」と聞いたとき「耳が聞こえにくい」とおっしゃってました。誰にでも起こるのです。70歳を超えると約65%というデータもあります。

 今回は、東京新宿メディカルセンター耳鼻咽喉科診療部長で医学博士の石井正則先生にお話をうかがいました。石井先生によると「一般的に男性は40代から、女性は閉経前後から起こることが多い。早い人では30代後半から」ということです。

 石井先生は、加齢と諦めてそのままにしておくのは良くない、と強調します。実は2017年に、世界5大医学雑誌と言われる「ランセット」に「難聴が認知症の最も大きな危険因子」という研究論文が掲載されたそうです。それまで認知症には、遺伝や視力の喪失が最も関連深いと思われていたそうで、医学界にも驚きが広がったそうです。

 なぜ難聴が怖いのかというと、こういう流れだそうです。言葉が聞き取りにくい→コミュニケーションが取りづらい→憂鬱(ゆううつ)になる→社会との関わりが減少→認知症に発展。う~ん、なるほど。

 《進行抑える適度な運動》年を取るとなぜ難聴になるのでしょう。図<1>を見てください。耳は外耳、中耳、内耳と3つに分けられます。内耳のカタツムリの殻のような器官、蝸牛(かぎゅう)の中には、表面に毛が生えた「有毛細胞」という細胞が無数に並んでいます。この有毛細胞の毛が振動することで音が伝わっていくのです。実はこの毛は、頭の毛と同じで加齢でどんどん抜けるんです。それで聞こえづらくなっていく。

 残念ながら有毛細胞から抜けた毛は再生しないそうです。では、どうすればいいのか。石井先生は「加齢性難聴の進行を抑える方法はある」と話します。難聴の進行を遅らせるということは、認知症をも予防するということ。石井先生が勧めるのが図<2>の3項目。糖尿病、高血圧症、脂質異常症、つまり生活習慣病のある人は加齢性難聴になりやすく、進行する傾向があるというデータが出ています。ヘビーな運動じゃなくていいんです。散歩の延長のウオーキングなど有酸素運動を毎日の生活に取り入れる。あとは生活習慣病にならない、あるいは解消するため食事に気を使う。抗酸化作用がある野菜ならニンジン、ブロッコリー、ハロウィーンは終わっちゃいましたけどカボチャなんかがいいですね。

 睡眠も重要ですね。聴力は朝起きたときが一番よく、夜に向かって落ちていくといわれています。1日酷使した蝸牛から脳へと音を伝える器官を睡眠でしっかり休ませ、回復させないと。

 耳が聞こえなくなると生活の質が落ちます。私の周囲にも、会話が聞こえないからと2、3人以上の会合には参加したくないと言う人も多いです。補聴器を使うのはちょっと、と躊躇(ちゅうちょ)する人も多いですね。最近はオシャレな色、デザインの補聴器もあります。思い切って使ってみるのも手ですね。補聴器を作るに当たって石井先生は、専門医の指導の下、認定補聴器技能者がいる場所を選ぶことが大事と強調します。眼鏡と同じで、個人個人の調節がとても重要なんですって。

 人生100年時代。耳が聞こえなくなって、認知症にもなってじゃ何も楽しめません。さあ運動でも補聴器でも、できることから始めましょうよ!

 ◆生島 ヒロシ(いくしま・ひろし)1950年(昭25)12月24日生まれ、宮城県出身の68歳。米カリフォルニア州立大ロングビーチ校ジャーナリズム科卒業後、76年にTBS入社。89年に退社し、生島企画室を設立。TBSラジオ「生島ヒロシのおはよう定食・一直線」(月~金曜前5・00)は、98年から続く長寿番組。名物コーナー「教えてドクター!病気が逃げてく健康習慣」に登場する名医たちとの親交から、芸能界きっての健康通。 

続きを表示

この記事のフォト

バックナンバー

もっと見る