×

中井貴一 壮大な話だと妄想も「タイトルとのギャップ 映像にしたら面白い」

[ 2022年5月10日 05:00 ]

映画「大河への道」の先行上映会に参加した(左から)北川景子、中井貴一、松山ケンイチ
Photo By スポニチ

 俳優の中井貴一(60)が9日、都内で企画・主演の映画「大河への道」(監督中西健二、20日公開)の先行上映会に出席した。

 伊能忠敬の全国測量の謎に迫る時代劇と、大河ドラマ誘致を目指す人々の現代劇を融合させたコメディー。中井は、原作落語をつくった立川志の輔(68)に直談判して映画化権を得たが「タイトルを聞いた時は、日本人が中国の黄河や長江に行って交流する壮大な話だと妄想していた。でもタイトルとのギャップが映像にしたら面白いと思った」と苦笑いで明かした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「矢沢永吉」特集記事

2022年5月10日のニュース