喜多村緑郎 体調不良から回復、16日から舞台復帰 「花柳章太郎追悼 十月新派特別公演」

[ 2021年10月15日 16:43 ]

喜多村緑郎
Photo By スポニチ

 松竹は15日、体調不良のため、「花柳章太郎追悼 十月新派特別公演」(東京・新橋演舞場)を初日の10月2日から休演していた俳優の喜多村緑郎(52)が16日から復帰すると発表した。

 「新橋演舞場『花柳章太郎追悼 十月新派特別公演』(10月2日初日~25日千穐楽)を、体調不良のため10月2日(土)から休演しておりました喜多村緑郎が、10月16日(土)昼の部より舞台に復帰いたします」と発表。「つきましては、『小梅と一重』、『太夫さん』は当初の配役通り上演いたします」とし、「皆様にはご心配、ご迷惑をおかけいたしましたこと、心よりお詫び申し上げますとともに、今後も変わらぬお引き立てのほど、何卒よろしくお願い申し上げます」と結んだ。

 喜多村は発熱の症状はなく、PCR検査でも陰性を確認。休演の間は、代役として「小梅と一重」を喜多村一郎が、「太夫さん」を田口守が演じていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「結婚特集」特集記事

2021年10月15日のニュース