伊藤英明 「燃えよ剣」で共演したV6・岡田准一から学んだこと「発想が切り替わって」「感謝している」

[ 2021年10月15日 15:51 ]

伊藤英明
Photo By スポニチ

 俳優の伊藤英明(46)が15日放送のテレビ朝日系「徹子の部屋」(月~金曜後1・00)にゲスト出演。V6の岡田准一(40)から受けた影響について語った。

 伊藤はこの日公開された映画「燃えよ剣」(原田眞人監督)に新選組初代筆頭局長・芹沢鴨役で出演している。主役の副長・土方歳三は岡田が演じたが、伊藤は「岡田さんはもの凄く剣の達人で。何十年と鍛錬されてて」と感心した。

 自身は今まで時代劇の所作や乗馬など、何か役が決まると準備を行ってきたというが、「現場に来ると露呈してしまうじゃないですか」と伊藤。「だけど岡田さんが何十年と積み重ねてきたものを、ただ作品を良くするというものを超えて、僕に教えて下さった」とも話し、「それってやっぱり凄く大変なことだと思うんですよね。手品だったらタネ明かしをしちゃうみたいなもので。それを惜しみなく教えて下さって」と明かした。

 「今までは岡田さんに会う前は、役が来てから準備してたんだけど、自分がこの役をやりたいからこれをやるんだって発想が切り替わって」と自身の考え方にも変化があったとし、「岡田さんに感謝しているんですけど」としみじみと語った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「結婚特集」特集記事

2021年10月15日のニュース