里村龍一さん通夜、細川たかしら300人参列「酒が強くて豪快な人だった」

[ 2021年10月15日 04:00 ]

里村龍一さんとの思い出を語る細川たかし
Photo By スポニチ

 アルコール性肝硬変のため5日に亡くなった作詞家の里村龍一さん(享年72)の通夜が14日、東京・築地本願寺で営まれ、細川たかし(71)吉幾三(68)香西かおり(58)ら300人が参列した。

 里村さん作詞の「望郷じょんから」をヒットさせた細川は「圧倒的に酒が強くて豪快な人だった」と追悼。吉は「よく昼間から飲みに行ったなあ」と涙を浮かべ、香西は「たくさんの代表曲を書いていただいた」と感謝した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「結婚特集」特集記事

2021年10月15日のニュース