×

仲野太賀 実写「拾われた男」主演「こんな素敵な話が来るとは」、ディズニープラスで世界配信

[ 2021年10月15日 05:30 ]

フォトセッションに納まる(左から)伊藤沙莉、仲野太賀、草なぎ剛、松尾諭(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 米ディズニーが運営する動画配信サービス「ディズニープラス」のアジア太平洋地域発のコンテンツ発表会が14日、都内で行われた。俳優の仲野太賀(28)が、松尾諭(45)による半自伝的エッセー「拾われた男」の実写ドラマで主演を務めることが発表された。

 ディズニープラスは現在、61カ国、21言語で提供されている。主演作が世界配信される仲野は「自分にこんな素敵な話が来るとは思っていなかった。松尾さんに怒られないように楽しんで演じたい」と笑みを浮かべた。

 役者を目指して上京した男性が、自販機の下に落ちていた航空券を拾ったことをきっかけに、波瀾(はらん)万丈な俳優人生を歩み始める物語。兄を草なぎ剛(47)、恋に落ちてやがて妻になる女性を伊藤沙莉(27)がそれぞれ演じる。草なぎは「本を読んでとてもグッとくる作品でした」と原作を評価。伊藤も「夫婦愛をうまく表現できれば」と意気込んだ。

 配信は来年初夏を予定。関係者によると制作にはNHKも関わっており、海外ロケも予定しているという。

 《日本産5つ発表 柳楽優弥「幸せ」》「拾われた男」のほか、5つの日本産コンテンツが発表された。ディズニー初のホラーサスペンス作となる人気漫画「ガンニバル」の実写化もその一つ。主演の柳楽優弥(31)は「いろんな国の人に見てもらえる機会がある、この時代に俳優ができて幸せです」と動画でメッセージを寄せた。韓国発で、女性4人組「BLACKPINK(ブラックピンク)」のドキュメンタリー映画を配信することも明かされた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2021年10月15日のニュース