V6「Mステ」ラストパフォ 最後は笑顔で「over」など6曲集大成メドレー歌い切った

[ 2021年10月15日 21:49 ]

V6
Photo By スポニチ

 今年11月1日をもって解散する「V6」が15日放送のテレビ朝日「ミュージックステーション35周年記念4時間スペシャル」(後6・00~9・48)に生出演し、同番組でのラストパフォ―マンスを見せた。

 オープニングで司会のタモリ(76)から「V6は今日がMステ最後になりますね」と振られると、井ノ原快彦(45)は「そうですね、子供の頃から出させていただいているので感慨深いです。最後精一杯やらせていただきます」と意気込みを語った。

 披露する曲「Full Circle」について坂本昌行(50)は「歌詞は僕たちの26年間の歩み、そして今のV6にリンクしている部分がある。ぜひその部分に注目していただけたら」と語り、メンバーは熱唱。

 また出演した全160回をVTRで振り返り、井ノ原は「いやーすごいですね。ミュージックステーションは。僕たちの歴史を感じましたし、こんなに出していただいてありがとうございます」と感謝した。

 これまでのMステ出演で印象に残っていることを聞かれると、三宅健(42)は「カミセンの『夏のかけら』という楽曲で、剛が前宙をしたら着地を失敗して尻もちをついてヒヤッとした瞬間」。岡田准一(40)は「t.A.T.u.(タトゥー)さんが、出てこられなかった」と“伝説の回”を挙げた。「もう少し話しかけていたら出てくれていたかもしれない。反省した。『来てくれてありがとうございます』っていう迎えを僕らはしなかったんだと。日本人アーティストとして」と振り返った。

 最後のパフォ―マンスを前に岡田は「最後、大事に歌いたいと思います。三宅は「たくさん出演させていただいて感謝してます」。森田は「長い間お世話になりました。ありがとうございました」。長野博(49)は「みなさんが選んでくれた曲を大切に歌いたい」。坂本は「たくさんの思い出をありがとうございました。すべてが宝物です」。井ノ原は「いい思い出しかありません」と、メンバー全員が感謝の言葉を述べた。

 そして井ノ原が「26年間、V6を可愛がっていただいて本当にありがとうございました。最後、楽しく歌わせていただきます」と伝え「TL」「TAKE ME HIGHER」「Believe Your Smile」「HONEY BEAT」「愛なんだ」「over」の集大成メドレーを最後まで笑顔で歌い切った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「結婚特集」特集記事

2021年10月15日のニュース