×

ヤクルト“田口の20球”10回無死満塁「“無”でいきました」 大ピンチしのいで雄叫び!ガッツポーズ!

[ 2022年5月24日 21:52 ]

交流戦   ヤクルト―日本ハム ( 2022年5月24日    神宮 )

<ヤ・日>10回、満塁のピンチを無失点に抑えた田口(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 ヤクルトの田口麗斗投手(26)が24日、交流戦開幕となった日本ハム戦(神宮)で10回無死満塁のピンチを切り抜けた。

 1-1の10回2死満塁、田口は宇佐見を空振り三振に仕留めると雄叫びを上げ、何度もガッツポーズした。5番手の今野が無死満塁のピンチで降板。代わってマウンドに上がった田口は気合十分だった。まずは4番清宮を空振り三振、続く万波を遊直、そして宇佐見を148キロの直球で仕留めた。“田口の20球”がサヨナラ勝ちを呼んだ。

 田口は「(無死満塁で登板した時は)気持ち的には“無”です。いらないことを考えると自分のピッチングができないので“無”でいきました」と振り返った。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年5月24日のニュース