×

中日 シーズン前半で異例の配置転換「立浪監督の判断」で1、2軍の打撃コーチを入れ替え

[ 2022年5月24日 05:30 ]

中村紀打撃コーチ(右)
Photo By スポニチ

 中日は23日、中村紀洋打撃コーチ(48)の2軍への配置転換を発表した。代わって波留敏夫2軍打撃コーチ(51)が1軍担当となる。シーズン前半での配置転換は異例で、球団首脳は「監督の判断です」と説明した。

 昨季リーグ最低の打率・237だった打線は石川昂や岡林らの台頭もあり、リーグ3位の打率・246と改善傾向ながら、143得点はリーグ5位にとどまっていた。また、新型コロナ陽性の落合英二ヘッド兼投手コーチ(52)の代役で1軍を担当していた小笠原孝投手コーチ(45)の登録も同日付で2軍に戻した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年5月24日のニュース