×

ソフトバンク・石川 交流戦DeNA戦開幕投手、右足首違和感も「ギリギリの戦い楽しむ」

[ 2022年5月24日 05:30 ]

棒を使って練習するソフトバンク・石川
Photo By スポニチ

 ソフトバンクの24日交流戦開幕投手は石川で、横浜スタジアム登板は17年11月1日の日本シリーズ第4戦以来となる。

 23日のペイペイドームでの練習後には「最近の調子だと不安がつきまとうのでネガティブを支配できたら」と話した。2勝目を挙げた4月26日の西武戦以降の2試合は白星なし。右足首の違和感を抱えており、前回15日の日本ハム戦では3回1/3、6安打7失点の乱調で今季初黒星を喫した。「足を引っ張ってる体の部分を受け入れて開き直って投げないと。ギリギリの戦いを楽しみたい」と意気込んだ。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年5月24日のニュース