×

明大・蒔田、快投報われた サヨナラ呼ぶ10回4安打零封

[ 2022年5月24日 05:30 ]

東京六大学野球第7週最終日   明大1-0立大 ( 2022年5月23日    神宮 )

<明大・立大>力投する明大の先発・蒔田(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 明大の3年生右腕の蒔田がサヨナラ勝利を呼び込む快投を見せた。

 140キロ台後半の直球を軸に延長10回までを4安打無失点。「(8回で降板した)立大の荘司投手より長く投げられたことが良かった」と笑みを浮かべた。今春は7試合に先発しリーグ戦初勝利を含む4勝と飛躍。

 先輩捕手・蓑尾のリードにも支えられ「(蓑尾に)1試合に3回ぐらいは怒られた。それが良かった」と笑った。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年5月24日のニュース