×

慣れない左翼でみせた美技! 阪神・大山がフェンス直撃しながらも好捕 直後にはバットでも先制打

[ 2022年5月24日 20:09 ]

交流戦   阪神―楽天 ( 2022年5月24日    甲子園 )

<神・楽>6回2死一塁、渡辺の打球を好捕する大山(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 阪神・大山が大ファインプレーでチームのピンチを救った。

 6回2死一塁で渡辺佳の飛球は風にも乗って左翼方向へ。大山はフェンスにぶつかりながらもジャンプし、転びながらも捕球したボールはこぼさなかった。

 これには、マウンドの西勇も拍手を送り、帽子を取って最敬礼。左足を痛めたことを考慮されて、シーズン途中から左翼での出場を続けている背番号3がみせた決死のプレーに、聖地のファンも大きな拍手を送った。

 さらに打席でも魅せた。6回に均衡を破る先制打を放った。2死二塁で2ボール2ストライクから楽天・田中の5球目を捉えてセンター前にはじき返し、二塁走者の中野を本塁に生還させた。

 ファインプレーの後に打撃でもしっかり結果を残し、甲子園の虎党を湧かせた。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年5月24日のニュース