×

“最速164キロ”ロッテ・朗希と“最速160キロ”京成スカイライナーがコラボ ファンに優待券企画

[ 2022年5月24日 05:30 ]

佐々木朗が160キロ以上を計測した際に映し出される「オリジナルビジョン演出」
Photo By 提供写真

 ロッテと京成電鉄は23日、「160km/hプロジェクト」の開始を発表した。京成スカイライナーの最高速度が時速160キロという縁もあり、次回登板予定となる27日阪神戦から、本拠地で佐々木朗が160キロ以上をマークした際、京成スカイライナーが内野席に設置されているリボンビジョンを駆け抜ける。さらに自己最速164キロ以上となれば、メインビジョンでも特別演出が流される。

 また、5回終了までの160キロ以上の球数を当選者数として、来場者に抽選で京成グループ共通優待券1万6000円分が贈られる。仮に前回登板の20日ソフトバンク戦ならば、30人に太っ腹なプレゼントが届く計算だ。

 佐々木朗の起用法について、井口監督は「交流戦の間は基本的に金曜日にいく」と方針を示す。27日の阪神戦から、6月3日巨人戦(東京ドーム)、同10日DeNA戦(ZOZOマリン)と回る見込み。リーグトップタイの5勝をマークする右腕は「交流戦は昨年、甲子園の阪神戦でプロ初勝利を記録できたのが思い出。次回のZOZOマリンからは球速表示で特別な企画がスタートするので、自分も楽しみ。ファンにも楽しんでほしい」と直球勝負にも意欲的だった。(横市 勇)

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年5月24日のニュース