×

広島、交流戦初戦は投打で完敗 3連勝でストップ 床田は我慢の投球も援護なし

[ 2022年5月24日 20:58 ]

交流戦   広島0-7ロッテ ( 2022年5月24日    マツダ )

<広・ロ>6回に3点目をとられベンチに戻る床田(撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 中5日で交流戦初戦を託された広島・床田は、我慢の投球を強いられた。

 初回に先頭・高部の左前打から1死三塁のピンチを招くと、マーティンに先制の右犠飛を献上。0―1の5回2死一塁では松川に中越えの適時二塁打、0―2の6回1死三塁ではマーティンの一ゴロの間に追加点を許した。

 床田は交流戦過去4試合で0勝2敗、防御率8・44と苦手としてきた。「勝ったことがないので、まずは勝ちたい。先頭打者を打ち取り、無駄な四球をなくしたい」と臨んだ登板。4安打に抑えながら相手に緻密な攻撃を見せられ、7回3失点でマウンドを降りた。8回、松本が中村奨に3ランを打たれ、9回はターリーも失点。点差は広げられる一方だった。
 打撃陣は相手先発の石川に手も足も出ず。7回をわずか3安打に抑えられた。救援陣も打ち崩せず、零封負けを喫した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年5月24日のニュース