×

阪神・西勇、粘りの投球で7回途中無失点 マー君と堂々渡り合う

[ 2022年5月24日 20:22 ]

交流戦   阪神-楽天 ( 2022年5月24日    甲子園 )

<神・楽>6回2死一塁、渡辺佳の打球を好捕した左翼手・大山(左)とタッチをかわす西勇(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 阪神先発の西勇が粘りの投球を見せ、7回途中無失点。勝利投手の権利を持ったまま、中継ぎ陣にバトンを渡した。

 6回1失点で先にマウンドを降りていた楽天先発・田中将と見事な投げ合いを披露した。初回、小深田の一安と島内の右前打で2死一、三塁のピンチを背負うも、マルモレホスを空振り三振。その後も3回2死満塁、4回無死一、二塁など毎回のように攻め立てられながらも、虎の勝利のために必死に腕を振った。

 西勇は阪神移籍後の2年間で交流戦は6試合に登板して0勝2敗と分が悪い。ただこの夜はその悪いデータを払拭するかのような熱投。7回に炭谷の中前打と代打・山崎の犠打失策で無死一、二塁とされたところで2番手・渡辺にマウンドを譲った。

 その渡辺は西川に犠打を決められ1死二、三塁とされるも、小深田を空振り三振に料理。3番手・アルカンタラも続く浅村を右飛に斬り、西勇の今季3勝目の権利を守った。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年5月24日のニュース