西武・渡辺がビジター初勝利で4勝目 6回無失点「スタミナ面は今後の課題に」

[ 2021年10月17日 17:34 ]

パ・リーグ   西武6―5楽天 ( 2021年10月17日    楽天生命パーク )

<楽・西>6回無失点で勝利投手の渡辺(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 西武の渡辺勇太朗投手(21)が6回4安打無失点で、ビジター球場で初勝利となる4勝目を挙げた。

 最大のピンチは1点先制後の4回1死満塁。6番の茂木を高めに入ったスプリットで一ゴロ併殺に斬り「球は甘かったですが、落ち着いて処理をすることができたと思います。今日は色々とツキもありました」とホッとした様子を見せた。

 1週間前に本拠地で対戦した際には3回途中、2安打6四球2失点で降板しており「(全体的には)ゾーンで勝負することができたと思いますし、前回の悪いイメージを消してマウンドに上がることができました」と振り返った。

 「今日はカットボール、あとはカーブも良かったです。カウントや空振りをとることができました」と満足しつつも「バラつきもありましたし、疲労はありました。スタミナ面は今後の課題にしていきたい」と反省することも忘れなかった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年10月17日のニュース