アストロズ アルテューベ&コレアの二遊間コンビ競弾で先勝

[ 2021年10月17日 02:30 ]

ア・リーグ優勝決定シリーズ第1戦   アストロズ5―4レッドソックス ( 2021年10月15日    ヒューストン )

<アストロズ・レッドソックス>コレア(左)と抱き合って勝利を喜ぶアルテューベ(AP)
Photo By AP

 ア・リーグの優勝決定シリーズ(7回戦制)が15日(日本時間16日)に開幕し、アストロズがレッドソックスに5―4で先勝した。

 17年ワールドシリーズ制覇の原動力となった二遊間コンビが勝利を決めた。2点を追う6回に二塁手アルテューベが同点2ランを放ち、7回に遊撃手コレアが決勝ソロを放った。72歳の名将ダスティ・ベーカー監督は「勝負強い打者なので、活躍してくれると思っていた」と目を細めた。

 アルテューベはポストシーズン通算20本塁打とし、元ヤンキースのデレク・ジーターに並ぶ歴代3位に浮上。地区シリーズ4試合で31得点を挙げたチームを、さらに勢いづけた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年10月17日のニュース