斎藤佑樹にサプライズ! 清宮が輝星が…日本ハム2軍戦士全員で大合唱「勇気100%」

[ 2021年10月17日 18:48 ]

パ・リーグ   日本ハム4―3オリックス ( 2021年10月17日    札幌D )

<日・オ>引退セレモニー、斎藤の登場曲を熱唱する清宮(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 今季限りで現役を引退する日本ハム・斎藤佑樹投手(33)が17日、引退試合となった本拠地・札幌ドームでのオリックス戦にリリーフ登板し、11年のプロ野球人生に終止符を打った。試合後には引退セレモニーを行ったが、サプライズが待っていた。

 引退のあいさつを終え、場内1周に移行するときだった。杉谷が「佑樹さん、11年間お疲れ様でした。きょう、ここ鎌ケ谷で佑樹さんに熱い気持ちを届けます。聞いてください。勇気100%」との前フリが突然流れ、2軍選手が鎌ケ谷のマウンド付近に整列している映像が映る。すると光GENJIの「勇気100%」のイントロが始まった。早実の後輩でもある清宮が先陣で歌い出した。1フレーズずつ交代し、歌っていく中で、吉田輝星は、金足農時代に全力で校歌を歌うスタイルを披露して熱唱。これには斎藤も満面の笑みがこぼれた。

 光GENJIの「勇気100%」はプロ1年目のプロ初先発時から登場曲に使った曲。1軍、2軍、チームメートに愛される形で斎藤は現役生活に幕を閉じた。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年10月17日のニュース