広島・誠也 2戦連発36号 05年新井貴浩以来の巨人戦2桁弾も「チームが勝てるように」

[ 2021年10月17日 05:30 ]

セ・リーグ   広島8-7巨人 ( 2021年10月16日    東京D )

<巨・広25>3回、ソロ本塁打を放ちナインに迎えられる広島・鈴木誠(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 広島・鈴木誠が05年新井貴浩以来、球団5人目となる巨人戦シーズン10本塁打を記録した。

 4―0の3回先頭で戸根のチェンジアップを左翼席最上段に2試合連続の36号。「森下を援護できて良かった」。

 リーグトップのヤクルト・村上、巨人・岡本和に3本差に迫るが「特に意識はしていない。一打席一打席、チームが勝てるように最後まで頑張ります」と勝利を最優先に求める。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年10月17日のニュース