甲子園で応援団による活動が再開 太鼓、電子笛を使用して応援 右翼席に活気戻る

[ 2021年10月17日 18:15 ]

セ・リーグ   阪神―広島 ( 2021年10月17日    甲子園 )

<神・広22> 阪神先発・秋山 (撮影・平嶋 理子) 
Photo By スポニチ

 甲子園球場では17日から特別応援許可団体による応援活動が再開された。

 ホーム・ビジター応援団共にNPB新型コロナウイルス感染予防ガイドラインに則った形式で、応援団員数を限定。マスクを着用の上、太鼓、電子笛を使用して応援が行われた。

 阪神の攻撃中は、これまで同様に録音されたヒッティングマーチがスピーカーを通じて放送され、太鼓や電子笛、メガホンの音が相交わり、右翼スタンドに活気が戻ってきた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年10月17日のニュース