阪神 ロハス・ジュニアの左中間141メートル弾で反撃 右打席では2本目

[ 2021年10月17日 20:25 ]

セ・リーグ   阪神―広島 ( 2021年10月17日    甲子園 )

<神・広22> 7回無死一塁、ロハスは2点本塁打を放つ (撮影・平嶋 理子)  
Photo By スポニチ

 6回まで左腕・玉村に抑えられていた阪神が、3点劣勢の7回にロハス・ジュニアの8号2ランで反撃を開始した。

 無死一塁で玉村の2球目を一閃。会心の打球が左中間スタンドに到達した。飛距離は141メートルと計測された。右打席では2本目。「甘いボールが来たら強く打つというアプローチはずっと意識しているし、あの打席はそれができてよかったよ」。助っ人砲の一発で1点差に迫った。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年10月17日のニュース