キヨシ&ラミちゃんがDeNAセレモニアルピッチに登場 1球勝負のはずが…ファンは大拍手

[ 2021年10月17日 15:29 ]

<D・ヤ>試合前のセレモニーで投手を務めた中畑氏(撮影・村上 大輔) 
Photo By スポニチ

 スポニチ本紙評論家でDeNA初代監督の中畑清氏(67)が17日、横浜スタジアムで行われたDeNA―ヤクルト戦前にセレモニアルピッチに登場した。

 前監督のアレックス・ラミレス氏(47)とともに登場。上着のみ、監督当時のユニホームを着用し、投手・キヨシ、打者・ラミちゃんでの1球勝負。ところがラミレス氏が打ち損じてファウルとし、仕切り直して遊ゴロとなった。だが来場者から大きな拍手がわいた。

 イベント後には2人そろって取材対応。中畑氏は「クビになって以来のハマスタ。5年ぶりぐらいにマイクパフォーマンスをして気持ちよかった」と話し、ラミレス氏は「きょうもファンの熱気がすごかった。日本一の球場の雰囲気。とてもうれしかったです」と続けた。

 そして現在最下位に沈む三浦DeNAに向け、ともに「来季は頑張ってもらいたい」とエールを送った。

 この企画は、5月19日の横浜スタジアムでの中日戦で開催される予定だったが、試合が雨天中止となり、この日に延期となった。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年10月17日のニュース