西武の準硬式出身、ドラ5・大曲がプロ初登板 151キロ1回無失点「これからがスタート」

[ 2021年10月17日 05:30 ]

パ・リーグ   西武0―3楽天 ( 2021年10月16日    楽天生命 )

<楽・西>6回から西武の3番手としてプロ初登板を果たした大曲(撮影・篠原 岳夫)
Photo By スポニチ

 西武・山川が6月27日以来の4番スタメン出場し、6回には左翼線二塁打したが、3点を追う8回1死満塁で空振り三振に倒れて零敗。辻監督は「打撃が良くなってきていたから期待したんだけど」と残念がった。

 ドラフト5位の大曲(福岡大準硬式)が6回にプロ初登板。最速151キロを計測して1回無安打無失点に抑え「コース内で勝負することができた。これからがスタート」とうなずいた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年10月17日のニュース