阪神・中野 負けられない戦いを駆け抜ける! 新人盗塁王へ「決めたら勢いが出ますから」

[ 2021年10月17日 05:30 ]

走塁練習をする中野(撮影・後藤 大輝)
Photo By スポニチ

 逆転Vへタイトルへ、阪神・中野が残り8試合を駆け抜ける決意を示した。リーグトップの27盗塁で2位の近本とは3差。再びコンビを組む最強の1、2番の機動力で相手を揺さぶりヤクルトにプレッシャーをかける。

 「勝ち続けるしかないので、そのために準備をしっかりやって、試合では思い切ってプレーしたい。タイトルを獲りたい思いはある。緊迫した状況で盗塁を決めたら、チームにも勢いが出ますから」

 失敗は2度で盗塁成功率は93.1%。徹底マークされた中で決めることが勝利につながることを自覚する。ルーキーイヤーの終盤でもスピード、打撃、体のキレに緩みなどは見られない。その強さが何よりの武器だ。(鈴木 光)

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年10月17日のニュース