積極性高い近本に「自分のスタイルでやっていけばいいんじゃない」 阪神・矢野監督語録

[ 2021年10月17日 05:30 ]

<阪神全体練習>練習前の円陣で引き締まった表情を見せる矢野監督(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 【16日の阪神・矢野監督語録】

 ▼近本1番がベスト 打率も、打っているから出塁率も上がるわけやし。1番というのも、現状で一番いい形なのかなと。

 ▼近本は自分の形で 積極性はチカがより高いというか。プレーボールの初球にフォークってあんまりない。ある程度、限定されるのはある。自分のスタイルでやっていけばいいんじゃない。

 ▼19日ヤクルト戦濃厚の青柳はタイトルもかかる 最多勝というのもあるし勝率もある。ここに来て、そういうものもありながら投げられるのはすごいこと。13勝というのはずっと目標にしている数字。自分の中で気持ちを高めて投げられる条件はそろっていると思うので、その中で冷静に投げられたらいけるんじゃないかと思う。

 ▼西勇の今後は未定 (報告は)何も全然、全然。様子見るしかないかなと。それ以上何もない。現状は。(CSなどもあるが)ちょっと今の段階でメドは立たないよね。抹消した段階では。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年10月17日のニュース