巨人・坂本 右手首死球で負傷交代も骨には異常なし

[ 2021年10月17日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人7―8広島 ( 2021年10月16日    東京D )

<巨・広>7回、死球を受ける坂本(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 巨人の坂本が7回の第4打席で死球を受け、負傷交代。球団は右手首付近の打撲で、大事を取っての途中交代と発表した。チームドクターの診察によると骨折の所見はなかった。

 原監督は「大丈夫だと思う。病院にも行かないということだったから。かなり痛みが強かったというところ」と説明した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年10月17日のニュース