×

智弁学園「大砲」前川&山下不発も、集大成へ気合「和歌山に打線でプレッシャーをかけていく」

[ 2021年8月29日 05:30 ]

第103回全国高校野球選手権大会準決勝   智弁学園3ー1京都国際 ( 2021年8月28日    甲子園 )

<京都国際・智弁学園>5回無死一、二塁、ダブルプレーに倒れる智弁学園・前川(撮影・河野 光希)
Photo By スポニチ

 ともに無安打に終わった智弁学園の前川右京と不動の4番・山下陽輔は、気持ちを切り替えて最後の戦いに挑む。

 大会2本塁打、7打点の前川は明徳義塾との準々決勝で2死球を受けた右腕にテーピングをしての出場。5回無死一、二塁では二ゴロ併殺、9回も2死二塁では見逃し三振に倒れた。「死球の影響はない。大丈夫です。切り替えて決勝に入りたい」と試合後は笑顔も見せなかった。

 昨冬の修学旅行でも一緒に過ごした智弁和歌山の4番・徳丸天晴とは「いろいろ教えられたり教えたり、連絡を取っていた。横浜戦で本塁打を打った後にも電話があった。最後にぶつかり合える。目の色を変えていく。向こうもそのはず」と集大成の一戦に向け、気合を入れなおした。

 初戦の倉敷商戦からの連続試合安打が4で止まった山下も思いは同じ。「やっと決勝まで来ることができた。和歌山とは縁があるなと思う。でも日本一を目指して、みんなで頑張ってきた。最後は和歌山に打線でプレッシャーをかけていく」。大砲2門が突破口を開く。(鈴木 光)

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年8月29日のニュース