×

西武 今季初勝利を狙った先発・本田は4回4失点「バランスが崩れた。もったいなかった」

[ 2021年8月29日 19:04 ]

パ・リーグ   西武―日本ハム ( 2021年8月29日    メットライフドーム )

<西・日14>4回に4失点した本田(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 今季初勝利を狙った西武先発・本田圭佑は4回4失点でKOされた。

 3回までは1四球のみの無安打投球。しかし4回、西川、野村の連打で無死一、二塁とされ、4番・近藤に四球を与えた。これが響いた。

 無死満塁で王柏融に右中間を破る走者一掃の3点二塁打。先制を許すと、2死後にも石井に左中間二塁打を打たれ一気に4点を失った。

 本田は「走者をためた状態で、長打を撃たれてはいけない場面だった。もったいなかった。ピンチになると力が入ってしまい、バランスが崩れてしまった」と振り返った。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年8月29日のニュース