×

日本高野連・八田会長が講評 長雨、コロナ…「代表校の選手や学校関係者にはご苦労をおかけ致しました」

[ 2021年8月29日 17:10 ]

日本高野連の八田英二会長
Photo By スポニチ

  第103回全国高校野球選手権大会の最終日は29日、甲子園球場で決勝が行われ、智弁和歌山(和歌山)が智弁学園(奈良)に9-2で勝ち、00年以来21年ぶり3度目の優勝を果たした。

 閉会式で、日本高野連の八田英二会長が大会を講評した。1週間500球以内の投球制限導入に触れ「投手の起用方法も注目をされました。本日の決勝は智弁学園和歌山高校、智弁学園高校ともに複数の投手の持ち味を十分に発揮し、勝ち上がってきた白熱の戦いになりました」とした。

 決勝進出の両校の戦いぶりを称え、「振り返ると準々決勝は4試合中3試合がサヨナラゲームとなり好ゲームが展開されました。接戦が続き、実力が拮抗していた。4校すべてを近畿地区の代表校が締め、近畿勢の活躍が目立ちました」と総評した。

 今大会は長雨やコロナとの戦いが重なり「前半の天候不良で大幅な日程や試合順番の変更を余儀なくされ、代表校の選手や学校関係者にはご苦労をおかけ致しました。新型コロナウイルスの感染状況が厳しい中での試合で、代表校の学校関係者の方々には感染対策の徹底と2度にわたる入場者制限の変更をお願いいたしました」とした。

 結びに「選手の皆さん勇気と感動を本当にありがとう。全国の高校野球ファンの皆様、温かいご声援をありがとうございました。また来年お会いしましょう」と締めくくった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年8月29日のニュース