×

京都国際 春季近畿大会のリベンジならずも確かな足跡 2年生左腕・森下「来年は春夏両方で優勝したい」

[ 2021年8月29日 05:30 ]

第103回全国高校野球選手権大会準決勝   京都国際1ー3智弁学園 ( 2021年8月28日    甲子園 )

<京都国際・智弁学園>試合後、グラウンドに向かってあいさつする森下(左から3人目)ら京都国際ナイン(撮影・河野 光希)
Photo By スポニチ

 京都国際は2年生投手の継投も及ばず、春季近畿大会準決勝で敗れた相手に再び苦杯を喫した。

 エース左腕で今大会は本塁打も放った森下瑠大がベンチスタート。京都大会の開幕前に足首を捻挫したことで下半身のトレーニングができず、疲労を考慮しての判断だった。0―3の5回から登板し5回2安打無失点。前川を無安打に抑え「プロ注目の選手と対戦できてうれしかった。三振がとれて自信になる」と振り返った。4回に3ランを浴びた先発右腕の平野順大は「このままやっていても追いつくことはできない」とライバル心をあらわにした。

 森下と平野以外にも2年生3人がスタメンに名を連ねる。小牧憲継監督は「下級生が残るからといって、簡単に勝たせてもらえるほど高校野球は甘くない」と気を引き締めたが、期待は高まる。森下は「来年は春夏両方で優勝したい」と連覇宣言だ。大会前には韓国語の校歌が注目を集めたが、今春選抜の初勝利に続き、夏も初出場で4強。確かな足跡を残した。(石丸 泰士)

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年8月29日のニュース